相模原市 東林間 経鼻内視鏡 内科 消化器内科 肛門科 外科 痔の治療 高コレステロール

TEL:042-701-4327

神奈川県相模原市南区東林間4-9-6 1F

経鼻内視鏡

Mobile Site
HOME»  経鼻内視鏡

経鼻内視鏡について

(左)経口内視鏡 舌根部(舌の付け根)に内視鏡が触れ、咽頭反射が出やすい (右)経鼻内視鏡 舌根部に触れないため、咽頭反射が出にくい

食道、胃、十二指腸などの上部消化管に対する内視鏡検査は、従来口から内視鏡を挿入するものでしたが、10mm前後の太さの内視鏡を挿入する際に舌や喉を刺激し、多くの方は咽頭反射(「オエッ」という吐き気を催す)を起こします。
このため、内視鏡検査は『つらい』、『苦しい』と感じている人が多いのではないでしょうか。
これに対し鼻から内視鏡を挿入する経鼻内視鏡では、内視鏡は鼻腔を通って食道に入って行きます。
舌根にふれることがないので咽頭反射はほとんどありません。
また、鼻腔は少量の麻酔薬による前処置で容易に感覚がなくなるので、鼻を通る苦痛もほとんどありません。

極細経内視鏡

(上)従来の内視鏡 (下)経鼻用細経内視鏡

当院では、先端の太さが5.9mmの極細経内視鏡を採用しています。従来の内視鏡に比べ、操作性、診断能力共に遜色ありません。検査中の負担が軽いため、前投薬もほとんど不要で、また安全です。検査中の会話が可能ですので、患者様はリラックスでき、意思の疎通が円滑になります。

  • 鼻腔が狭かったり、彎曲が強い方では挿入できない場合があります。
    その場合は経口内視鏡に変更させていただきます。
  • 以前口からの内視鏡を受けたが、特に苦しくはなかったという方は、経口内視鏡をお勧めします。
  • 吸引の力がやや弱く、内視鏡に挿入できる鉗子類が限定されるため、処置・治療を必要とする緊急内視鏡や治療内視鏡には不向きです(当院で通常行う検査としては、全く問題ありません)。
ページの先頭に戻る